自炊はダイエットの基本!

ダイエットを行う際に気をつけたいのはやはり摂取カロリーです。
どれだけ運動をしたとしても摂取しているカロリー量が多くては意味がありませんし、逆に何も食べないでいるのも身体には非常に毒です。

そのために食べるものには気をつけなければなりません。
そのためにも私は自炊を必ずすることを心がけていました。
自炊をすることで自分の摂取する食料のカロリーを計算することができますし、炭水化物の量や食物繊維、油分の量など自分で調整することができます。

外食ばかりが続いているとどうしても出来合いですのでカロリー制限をすることが非常に難しくなりますし、そうなってくるとどうしても自分で食べている食事のカロリー量に対して麻痺を起こしてしまいがちです。
そうならないためにも自分の手料理でセーブすることが必要です。

その時におすすめの食材もいくつか有ります。
一つ目は糸こんにゃくです。
糸こんにゃくには栄養素があまりない分カロリーも限りなくありませんので、かさ増しに利用するにはもってこいの食材です。
例えば麺類の麺を糸こんにゃくに置き換えるだけで、味を染み込ませておけば非常に美味しく食べれますし、量も気にせず食べられます。
食物繊維の豊富さも魅力ですよね。

あとは水菜です。
水菜の葉の部分はドレッシングなどの味をしっかり保ってくれますし、湯通しすると鮮やかな色合になってお皿の上でも彩りを忘れずいれられます。
それに歯ごたえがあるのでよく噛むことで満腹中枢を刺激して食欲の抑制にも繋げられます。
どちらの材料もスーパーマーケットなどで安く調達できるものですので、料理をする際には是非取り入れてみてください。

こうして自分でつくろうとするだけで様々なことを考えます。
その考えで自分流にこれは成功するかなと不安に思いつつも実践して、一番効果が出たことをするのが一番です。
元に私はそれで28キロも痩せることができたので、体重が気になり始めた時はよく再開したりしています。

注目のページ

  • 過払い金を払いすぎているケースは多く見られます。返還には期限があるので心当たりがある方はお早めに債務整理三重にご相談ください。三重から全国まで幅広くサポートします。
  • 膨れ上がりすぎた借金に対して、どうしたら良いか対処法が分からないなら、全国対応の債務整理京都.jpの無料相談を是非一度ご利用ください。督促をストップさせ落ち着いて今後を考えることが可能です。
  • 不妊症から更年期障害など女性ホルモンに関わる症状に使用される医薬品であるプロベラの情報ページです。

おすすめ情報サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ